全能神教会 |終わりの日のキリストの語られる言葉「唯一の神自身 1 神の権威(その1)」抜粋


全能神教会 |終わりの日のキリストの語られる言葉「唯一の自身 1 神の権威(その1)」抜粋(舞台版朗読)


全能神は言われた。「人間はサタンによる抑圧を受けてきており、また人間はもはや創造された時のアダムとエバのようではなく、知識、想像、自分の意志など、神に反対する物事や、サタンのような腐敗した性質に満たされているが、神の観点から見ると、人間は依然として神が造った時と同じ人間である。人間は依然として神により支配され、指揮され、神が定めた生涯から逸脱することなく生活しているので、神の観点から見ると、サタンにより腐敗させられた人間は、埃をかぶったようなもの、つまり空腹でお腹が鳴り、反応が少し遅くなり、従前よりも記憶力が悪くなり、少し年老いたに過ぎず、人間の機能と本能は、全く損傷していない。これが、神が救済しようとしている人間である。しかし、人間は創造主の呼ぶ声や言葉を聞くだけで、立ち上がってその言葉がどこから聞こえているかを探しまわるであろう。人間は、創造主の姿を見ただけで、その他のことは全く心に無くなり、全てを投げ出して、自らを神に捧げ、神のために命すら捧げるであろう。人間の心が、創造主の心からの言葉を理解したとき、人間はサタンを拒絶し、創造主の味方となるであろう。また人間が身体の穢れを完全に洗い流し、創造主による施しと糧を授かったとき、人間の記憶が蘇り、その時人間は、真に創造主の支配下に戻るであろう。」
『言葉は肉において現れる(続編)』より

私たちについて:全能神教会 の紹介

もっと知る:[東方閃電全能神教会 はどうやって創られたでしょうか


[PR]
by AlmightyGodMy | 2018-02-12 07:33 | 全能神教会御言葉朗読 | Comments(0)